はじめての入院日記 1日目  

前の記事「はじめての入院日記 入院前」

ザ・入院ファッション解説
キンパツでこの格好だからきっとすげー目立ってたであろう・・・

8月5日(金)

午後イチで予約してあったCTスキャン検査と診察のため総合病院へ。

CTの精度を上げるための造影剤とかいう薬を注射しつつの検査だったんだけど、この造影剤が副作用が多いらしく、検査前に署名が必要なほど。
ちょっとビビりつつ検査へ。



結局、造影剤の副作用は起きずひと安心。
続いて診察へ。

新しい抗生物質も全く効果の兆しがなく(あんなにマズかったのに!)、むしろ悪化しているそうで、先生はニガい顔。

ちなみにこの時の腫れはだいたい卵ぐらいの大きさで、結構固いです。もともと顎は細いほうなので、右のエラは完全消滅・・・。

CTの結果、腫れ内部に色の違う部位があって、膿がたまってるか壊死しているかも、とのこと。
オイオイ・・・まさか切るとかそんなことになりませんでしょうね?(゚Д゚;)

と、勝手に怯えてたら先生が一言。

「入院して、様子みますか」

エッッ、、、そんな簡単に入院??

初めての入院生活という、未知なるモノへの期待はあれど、あまりにも簡単に決まってしまったためビックリしてしばし放心状態のワタシ。

同席してた母が代わりに、「それって・・・今すぐ入院って形でしょうか?」と聞くと、「そのほうがいいですね」とサックリとしたお返事。そのまま、何の心構えもないまま、入院手続きをすることになってしまいました。

(今思えば、急患でもないんだから、一度家に帰って荷物をまとめたり猫に別れを告げてから入院すれば良かった・・・と、後悔してます)

入院前には一連の検査が必要ということで、採血、採尿、レントゲン、心電図と、目の回る勢いで次々検査をこなし、ようやく病室へ。



8月5日(金)

入院1日目


病室は内科病棟の8人部屋。一番通路に近い角のベッドで、出てすぐ洗面所やトイレがあるので非常に便利。
壁際にコンセントも発見。ラッキー!

病院着(パジャマみたいの。ウエストのゴムをケチったのかめちゃくちゃきついので、高校生みたく腰穿きしてる)に着替え、さっそく点滴開始。
オマケに、マイコプラズマが陽性だったせいかマスク常時着用を指示され、ガックリ。マスク邪魔くさいから嫌いなのよね。。

なんの支度もせず転がり込んでしまったため、取り急ぎ必要なものを親に取りに帰って貰う。

着替えの下着、携帯の充電器、歯ブラシ、イヤホン(TV用)、漫画、ニンテンドーDS、筆記用具とメモ帳・・・などなど。

18時夕食。

魚の味噌焼き
ごはん
サラダ
フルーツゼリー

フルーツゼリーが悶死のマズさ。あとはまあまあ。

夕食後荷物と父を連れて母面会に。
点滴を引きずりながら父とコッソリタバコを吸いに行く。家を出てからここまでノースモーキングが続き、危うく禁断症状になるかと思った 汗

20時面会時間終了。

21時消灯。
色々あってくたびれたのか、スムーズに寝付く。ちなみに自分はどこでもすぐ寝れるのび太くんタイプ。


「はじめての入院日記 2日目」へつづく

たぶん害はニャい ランキング参加中
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
たぶん害はニャい

[ 2011/08/05 21:21 ] はじめての入院日記 | TB:0 | CM:0 web拍手 by FC2

コメントはお気軽にどうぞ













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://piyocosme.blog.fc2.com/tb.php/22-12a415a4